2019年 4月 の投稿一覧

【新入社員インタビュー】個性豊かな19新卒


こんにちは!リンクバル人事の原です。

4月1日、新卒3名が入社しました。多くの会社から、当社を選んでくれたことを非常に嬉しく思います。今回はそんな3名に座談会形式でインタビューをしてきました☻

 

プロフィール

・ガルシアさん

エンジニア / ミステリアスボーイ

 

 

 

 

・長坂さん

総合職 / 最高スマイルman

 

 

 

 

・中嶋さん

エンジニア / アナウンサー感の強いエンジニア

 

 

 

 


社会人になって2週間、社会人生活はどうですか?

ガルシア:特に今までと変わらないですね。インターンにも来ていてたので。

長坂:僕は、ビジネス基礎力の低さを痛感しています。もっと学生時代に勉強しておけばよかったです。ホウレンソウや結論から先に話すようによく指摘をいただきます。ビジネス基礎力やサービスの仕組みについて、もっともっと勉強していきたいです。

中嶋:社会人って楽しいなと思っています。変わったことは朝が早くなったくらいです。

今やっている業務を簡単に教えてください。

ガルシア:エンジニアとして、オンラインデーティングアプリ「CoupLink」の主に改修を行っています。

長坂:僕は今、「CoupLink」をお客様にとってより良いものにするためにどうするか施策を考えています。例えば、ボタンを押し間違えないようにするにはどうしたらよいか等です。

中嶋:「machiconJAPAN」のバグ改修や表示の変更を行っています。

入社前後で会社のイメージは変わりましたか?

ガルシア:残業が全然ないことに驚きました。ITの会社って夜遅くまで残って仕事して、、というイメージだったのですが、みなさん本当に早く帰りますよね。

長坂:一つ驚いたことは、「CoupLink」を作っている人の少なさですね。エンジニアは除いてですが、仕様等を考えたり作っていく人は僕を入れて3名です。できる範囲がとても広いなとも感じているので、どんどん成長していきたいと思っています。

初任給の使いみちは?

ガルシア:学費の引き落としがあるので、、、

中嶋:引っ越し費用の引き落としがあって、、、

長坂:ナンを食べにいきたいです!

原:、、、ナン?

ナンが大好きらしいです。ナンが美味しいお店を知っている方、ぜひ連れて行ってあげてください。

GWはどう過ごす?

ガルシア:空を見上げて何もしないで過ごしたい。

長坂&中嶋:ひまですね。

(原:みんな時間セレブですね。)

ガルシア:あ、でも19卒で何か作りたいなと思っています。詳細はこれから詰めていきますが、GWの間何日か集まって何か作る予定です。

1年後どうなっていたいですか?

ガルシア:CoupLink100万ダウンロード達成したいですね。

一同:オオ!

中嶋:入社前には「1年後、今の自分を鼻で笑えるくらい成長したい」と思っていました。でも、実際入社してみて、この目標は普通に過ごしていたら達成できそうなので、GW中に目標立て直します。

長坂:先輩を抜きたいです。早く成長したい。


なんだかとても頼もしい。今後が楽しみですね!

ちなみにアイキャッチ画像の耳打ちポーズはガルシアさんが発案してくれました。微笑ましい…

採用情報はこちら

 


【妻への連絡を9割以上Bot化】プライベートSlackのススメ


こんにちは。人事の吉田です。

今回は勇気を出して、私の日常をさらけ出してみます。

技術的には大した内容ではありませんが、私が技術大好き人間なのだと認知して頂けたら嬉しいです。

帰宅を巡る攻防

妻への連絡をBot化しようと考えたのは、毎日毎日帰宅を巡って下記の様なクソリプを繰り返す事にお互いがウンザリしていたからです。しかし、こうしたやり取りには一定の規則性がある事、そしてこれは簡単な仕組みで解決できると気がついたのです。
妻「今日は何時に帰るのか」
俺「・・・(面白い事を思いついたので、ちょっとだけ試してみたいな。)」
妻「晩ご飯は要るのか」
┣俺「要る」  ─妻「何時に帰るのか(無限ループ)」
┗俺「要らない」─妻「ヴぃあぇbvこうおはh(怒)」
妻「そろそろ帰ると言ってから3時間経過してるけど何をしているのか」
俺「・・・(帰り間際に誘われてホイホイ食事に行ってしまった)」

Botの仕組み

必要なものは、スマホ、googleアカウント(無料)、Slack(無料)、IFTTT(無料)くらい。Botの仕組みも至ってシンプルなものです。
  • IFTTT スマホの位置情報をトリガーにしてスプレッドシートを更新(帰宅時に利用する*駅*番出口の半径3m以内に侵入すると、指定したスプレッドシートにタイムスタンプ。ただしAM(出勤時)は起動しない&20時までに起動しなければ「今日はご飯いらない」をSlackに投稿し業務終了。
  • IMPORTXML関数 スタンプされた時刻から乗換案内を検索し、自宅最寄駅(+10mで自宅)への到着時間を算出しスプレッドシート上で更新
  • GAS セル上で算出した帰宅時刻にそれらしいテキストを付け加えてSlackに投稿
余談ですが、Bot完成後に妻へSlackの導入を提案したところ、即断即決で拒否されました。上記のBotはSlack→LINEに転送する形で運用しています。

問題は解決できたのか

結果として帰宅時間を巡る攻防は激減したと言えます。計測しておらずデータで示す事はできないですが、冒頭の様なやり取りは実感値として9割以上駆逐できました。機械的なメッセージに一切反応しなくなったとも解釈できますが、アイコンを子供の画像にした事で、緊張は和らいだ気がします。現場からは以上です。

号外

プライベートにSlackを導入すると、目的別にチャンネルを設定できるので、リマインドの共有相手を一括変更したり、複数SNSの投稿やフィードをまとめて流し読みしたりするのに便利です。一部紹介。
• Remind #trash “明日は燃えるゴミの日です” at 9PM every Sunday and Thursday.
• Remind #trash “そろそろ清掃車が来ます” at 9:45AM every Saturday.
• Remind #shops “明日は火曜市(https://www.aeonnetshop.com/shop/c/マイ店舗)” at 8PM every Monday.
• Remind #shops “今日はピザが半額(https://pizzahut.jp/ip/shop_detail/マイ店舗)” at 9AM on the 8th of every month.
• Remind #shops “今日はニワトリの日(https://www.kfc.co.jp/sp/menu/)” at 9AM on the 28th of every month.
• Remind #shops “31の日です” at 9AM on the 31st of every month.
• Remind #finance “https://karauri.net/kikan/” at 6PM every weekday.

Host a Website on GitHub with Jekyll – Part 2


Hi! I’m Dennis and I’ve been working at Linkbal as a software engineer since October 2017. In Part 1, we took a quick look at Jekyll and how to create and deploy a website to GitHub Pages. In this second and final part, let’s explore some of the customization features Jekyll provides us.

Layouts

In the previous example, you may have noticed the layout definition below in the front matter:

layout: post

While the markdown file provides the content of a page, the structure and appearance are defined in the layout file. We can create our own layout files, but because we are using an existing theme, we can customize the theme’s layout files instead.

First, let’s copy the layout files from the theme’s folder to our project (the specific folder to copy from will probably be different for you as it depends on the version of the packages installed).

cp -r vendor/bundle/ruby/2.3.0/gems/minima-2.5.0/_layouts .

If we take a look at the _layouts folder, we can see the 4 files below:

  • default.html
  • home.html
  • page.html
  • post.html

If we open the default.html file, we can see contents like the below:

<!DOCTYPE html>
<html lang="{{ page.lang | default: site.lang | default: "en" }}">

  {%- include head.html -%}

  <body>

    {%- include header.html -%}

    <main class="page-content" aria-label="Content">
      <div class="wrapper">
        {{ content }}
      </div>
    </main>

    {%- include footer.html -%}

  </body>

</html>

It is an ordinary HTML file, but we can see a couple of the features provided by Jekyll and the Liquid template language it uses.

“Include” tags, like the below, allow us to include content from another file stored in the _includes folder:

{%- include header.html -%}

While the line below specifies where the content of a markdown file that uses the layout file will be injected:

{{ content }}

If we take a look at the contents of page.html:

---
layout: default
---
<article class="post">

  <header class="post-header">
    <h1 class="post-title">{{ page.title | escape }}</h1>
  </header>

  <div class="post-content">
    {{ content }}
  </div>

</article>

We can see that a layout itself can use another layout and that this layout can be used to display an article with a title in the top.

Now, we can also open the about.md file that ships with Jekyll. We can see in the front matter that this file uses the page layout.

---
layout: page
title: About
permalink: /about/
---

Also, the front matter defines a title and this title is injected in the line below in the page layout:

<h1 class="post-title">{{ page.title | escape }}</h1>

Now that we have an idea of how layouts work, let’s customize our website a little bit.

Includes

In the default.html layout file, we can see the line below:

{%- include header.html -%}

Because the default.html layout includes the header and all other layouts uses the default layout, it is obvious that all pages in our website includes the content in header.html.

Let’s take a look at the contents of the header.html file. Because it is also part of the minima theme, we need to copy this file as well:

mkdir _includes
cp vendor/bundle/ruby/2.3.0/gems/minima-2.5.0/_includes/header.html _includes

This include file is responsible for displaying the website header and shows many variables that Jekyll make available for us, as well as filters provided by the Liquid template language.

{%- assign default_paths = site.pages | map: "path" -%}

The line above, for example, shows the site.pages variable. It is an array of Jekyll’s Page variables (you can check the list of attributes a Page variable contains in Page Variables). Any .html or .md file in the root folder or a new subfolder that contains a front matter will be part of the site.pages variable. Then, we execute Liquid’s map filter on the site.pages to get an array of the paths of those pages.

{%- assign page_paths = site.header_pages | default: default_paths -%}

The next line creates a variable called page_paths. It is assigned the value in site.header_pages, but can also be assigned the value in default_paths in the case the former does not exist, what is possible with the use of Liquid’s default filter. We are going to come back to site.header_pages later.

{%- for path in page_paths -%}
  {%- assign my_page = site.pages | where: "path", path | first -%}
  {%- if my_page.title -%}
  <a class="page-link" href="{{ my_page.url | relative_url }}">{{ my_page.title | escape }}</a>
  {%- endif -%}
{%- endfor -%}

This last snippet iterates over the page_paths variable created before and creates a link in the header for each page that has a title (defined in the front matter).

To test what was just shown, let’s create a new page notes.md in the project’s root folder. Now, let’s add the content below to the new file:

---
layout: page
title: Notes
permalink: /notes/
---

If we refresh our website, we are going to see a new “Notes” link in the header. Add another page called contact.md to the root folder with the content below:

---
layout: page
title: Contact
permalink: /contact/
---

A new link is created as well. The problem is that the links are created in the alphabetical order, but we may want a different order to put the “Contact” page last, for example. In that case, we can use the site.header_pages mentioned before. This currently does not exist, but we can easily create this variable by adding the following lines to the _config.yml file:

header_pages:
  - about.md
  - notes.md
  - contact.md

You will notice the change will not be reflected immediately and will require the server to be restarted. After that, the header will look as expected.

The Resulting Header

The Resulting Header

Collections

Now, we are going to explore Collections that are a great way to group related content. Let’s use this feature to implement the “Notes” section in our website.

First, add the following content to _config.yml:

collections:
  - notes

Then, let’s create a _notes folder and add 2 files in it. The /_notes/note1.md:

---
menu_title: Note 1 Menu Item
title: Note 1 Title
---

Note 1 content

> A nice blockquote

A **formatted** line of *text*.

And the /_notes/note2.md:

---
menu_title: Note 2 Menu Item
title: Note 2 Title
---

Note 2 content

> A nice blockquote

A **formatted** line of *text*.

Now, let’s create a custom layout listing all our notes. It will be the /_layouts/note.html file and will contain the following content:

---
layout: default
---
<style>
.note {
  margin: 2rem 0;
  padding: 1rem 2rem;
}

.yellow {
  background-color: #fdf475;
}

.blue {
  background-color: #cbf0f8;
}

.note-date {
  font-size: 0.8rem;
  font-style: italic;
  color: gray;
}
</style>
<div class="notes-container">

  <header class="notes-header">
    <h1 class="notes-title">{{ page.title | escape }}</h1>
  </header>

  {%- for note in site.notes -%}
  <article class="note {{ note.background }}">

    <header class="note-header">
      <h2 class="note-title">{{ note.title | escape }}</h2>
      <p class="note-date">{{ note.date }}</p>
    </header>

    <div class="note-content">
      {{ note.content }}
    </div>

  </article>
  {%- endfor -%}
</div>

I added the styles directly in the layout, to keep things simple, as that is not the main focus of the article. As Jekyll has built-in support for Sass, please refer to the Docs to know how to manage your stylesheets.

You can see we were able to access our notes through the site.notes variable and even use a custom variable background we added to the front matter.

Restart the server and we can now access those notes in the /notes/ path.

The Notes Page

The Notes Page

The files we created in the _notes folder does not generate corresponding files in Jekyll’s build process. If you need, you can change this behavior as shown in Add content. This would generate files such as /_notes/note1.html in the build output. In our example, we could, for example, display only part of the content of the notes in the list and link each note to a page where the user can see their whole content.

Data Files

In this final section, we are going to take a quick look at Data Files. It allows us to create files with custom data to be used in our templates. Those can be YAML, JSON, or CSV files. Let’s do an example to illustrate its use.

First, create a file named /_data/contacts.yml:

- type: Email
  value: me@denakitan.com

- type: Phone
  value: (00) 0000-0000

- type: Website
  value: http://github.com/denakitan

This is enough to make our data accessible in our templates in the site.data.contacts variable. So, we can now edit our /contact.md file with the following content:

---
layout: page
title: Contact
permalink: /contact/
---

<table>
  {%- for contact in site.data.contacts %}
  <tr>
    <td>{{ contact.type }}</td>
    <td>{{ contact.value }}</td>
  </tr>
  {%- endfor %}
</table>

This will generate the below output:

The Contact Page

The Contact Page

As we could see, we can use Data Files to remove repetition in our pages by separating data and configuration. A practical use is illustrate in Navigation where it is used to create custom navigation for a website.

Conclusion

In these article, we could learn and practice basic Jekyll concepts such as Layouts, Collections and Data Files. There are plenty of content was not covered in the articles, so I highly recommend reading the documentation, as it is very well written and easy to understand.


元PHPエンジニアがPHPとRubyを比較してみた


はじめに

はじめまして。去年の6月に入社したチャン・ゾアン・タンと申します。

私はリンクバルに入る前にPHPエンジニアでした。RubyもRailsも未経験でした。入社してからRubyやRailsを勉強し始めました。以下の方法で勉強しました。

まず、Rubyを学ぶ

もともとPHPエンジニアだったので、Rubyを学んた時に、PHPと比較しながら学びました。

両方の言語はオブジェクト指向プログラミング言語(実は、Rubyはpureオブジェクト指向プログラミング、PHPはオブジェクト指向サポート言語と言われている)であるので、同様なものがあるかと思いました。この学び方でPHP知識に参照出来ると思います。

同様

まず、PHPとRubyは以下の通り同様なところがあると思います。

PHPとRubyとも型の指定せず変数を宣言できます

  • php
$hoge = 'linkbal';
echo $hoge;

$arr = [1,2,3];
print_r($arr);
  • ruby
hoge = 'linkbal'
puts hoge

arr = [1,2,3]
puts arr

オブジェクト指向プログラミング言語なので、両方PHPとRubyはpublic, protected, privateというアクセス修飾子を付けてクラスを宣言できる

配列

一次元配列は大体同じ、両方とも動的な配列がサポートされています。シンタックスも同様です。
Rubyで二次元配列がhashになります。

文字列補間

両方は文字列補間という文字列内に変数を埋め込むことができます。シンタックスも同様です。

  • php
$a = 'hogehoge';
echo "hello {$a}";
  • ruby
a = 'hogehoge'
puts "hello #{a}"

パッケージ管理ツール

両方とも盛んな言語なので、コミュニティーが広いし、ライブラリーも豊富なので、パッケージ管理ツールが必要です。

PHPではComposerを使っています。
RubyではGemです

いくつか同じ関数

  • eval: ローコードスクリプトを実行する関数
  • spintf: 文字列をフォーマットするための関数

違い

シンタックス

  • 基本のシンタックス

PHPはC言語と同様、セミコロンでコードステートメントを終了にします。semicolon terminatedと言います。
クラス関数ループなどというブロックは{}が包まれます
RubyはPythonと同様、改行でコードステートメントを終了にします。newline terminatedと言います。
クラス関数ループなどというブロックは{}が要らない

def method(a, b)
  if a &amp;amp;gt; b
    puts 'hoge hoge'
  end
end

以下の通り{}を使用するケースもあります。

eachメソッドのshorthand

[1,2,3].each { |elm| puts(elm) }

コードブロック

def hoge
puts 'welcome to'
yield
end
hoge { puts 'Linkbal engineer blog' }

・Rubyでは全部オブジェクトで、シンタックスはわかりやすいし、すっきりだと思います。

文字列の長さを取得する

PHP

echo strlen("welcome to linkbal engineer's blog");

Ruby

puts "welcome to linkbal engineer blog".length

・Rubyのシンタックスはかなりは柔軟です。
関数を呼び出す時、括弧があるかないかどちらもいけます。
Rubyの関数は最後の変数または表現がreturnの値になります。

def hoge
1 + 1 # return 2
end

If-else文は自然言語に近いので、結構わかりやすいです。

# これは
# if a == b
# hoge = 10
# end
# と相当です
hoge = 10 if a == b

Rubyでは逆の条件の場合、unlessが使える

#「if a != 10 hoge = 'test'」と相当です
hoge = 'test' unless a == 10

こういうかき方もよく使われています。

def hogehoge
'test' if a == 10
end

Truthy/Falsy

Rubyではfalse, nilのみfalseを返します。0、空文字列、空配列がtrueです。
PHPではfalsenullfalseであることはもとより、0、空文字列、空配列もfalseです。

Rubyはabstractクラスとinterfaceともありません。

文字列の連結

PHPではdot(.)を使います。
Rubyでは+を使います。

変数種

PHPでは変数が1種類しかありません。

Rubyでは4種類があります。

$variable # グローバル変数
@@variable # クラス変数
@variable # インスタンス変数
variable # ロカール変数

コード規約

開発するには言語を学ぶことだけではなくて、コード規則を学ぶべきです。

PHPのコード規約は「PHP Standard Recommendation(PSR)」が一番盛んなものだと思います。

RubyではRubocopという静的解析ツールが結構有名で、うち会社のプロジェクトも使っているので、Rubycopのコード規約に参考しました。

Railsを学ぶ

プログラミング言語を学んだあと、Railsフレームワークを学びます。

PHPを開発した時、Laravelフレームワークを使っていました。
LaravelはRailsのようにモダンな「MVC」Webフレームワークであります。それに、Laravelの作者はLaravelを作ったときに、Railsに参考したということを言われています。そのため、LaravelとRailsは構造や機能の中に同様なものがあるかと思いました。

Model

Laravelでは「Eloquent」と言います。
Railsでは「ActiveRecord」と言います。

両方ともパワーフルORM(Object Relational Mapping)で、Model連携も便利です。

View

LaravelではBladeというテンプレートエンジンがあります。これで簡単にレイアウトを作れ、再利用もできます。

RailsではERBがあります。LaravelのBladeと同様です。

Controller

他の「MVC」フレームワークと同じで、RailsとLaravelはリクエストがルーターで処理したあと、コントローラーにいって、ロジックを処理されます。

その他

Rails Laravel
コマンドライン rails console php artisan
マイグレーション サポート(実行, ロールバック, リセット、初期データ生成) サポート (実行, ロールバック, リセット、初期データ生成)
ストレージ Active Storage File Storage
Websocket Action Cable Broadcasting
多言語 i18n Localization
ユニットテスト rspec PHPUnit

終わり

最初、Railsに触った時に、こういう方法でRubyやRailsを勉強しました。
そして、私の部署ではPull Requestは必ず二人以上のApproveがないとマージできないようになっているので、ソースレビューでチームメイトのコメントからもいろいろ勉強できました。だんだんRailsの開発に慣れました。

現在、うちの会社ではエンジニアを募集しています。ご応募お待ちしております!

参考

https://guides.rubyonrails.org/index.html
https://docs.ruby-lang.org
https://laravel.com/docs
https://github.com/rubocop-hq/ruby-style-guide