【社員紹介】就活サービス「人事トーク」新機能リリースの裏側

自己紹介

キンチキ

 

 

 

愛知出身。新卒でリンクバルに入社し、エンジニア→いろいろ→2つのサービスのサブプロデューサー?をしている。今年、リンクバルのマッチングアプリ、CoupLinkを真面目に使って彼女ができ、彼女いない歴=年齢というコンプレックスに終止符を打ったらしい。

人事トークとは

今年9月にリリースしたばかりの、「学生」と「企業の人事」をつなげる就活マッチングサービス。

学生が匿名で人事に質問できる新機能

Q&A機能を追加しました。学生が就職活動をする上で気になっている質問を投稿し、質問に対して直接人事担当が回答できる機能です。実際に働いている人事担当に対して直接質問ができ、回答を得ることのできる本機能は、学生採用支援サービス初の機能です。

▼プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000544.000004786.html

機能追加の背景

最初にこの機能の話がでたのは、人事トークリリース前の打ち合わせです。サービスを盛り上げるにはどうするか、人事トークの売りとなる「他のサービスにはないキラーコンテンツ」をどうするか、と考えていた中で出たアイデアのひとつでした。今まで学生同士で質問ができる掲示板はありますが、人事へ質問できる場はありませんでした。気軽に人事とコミュニケーションできる場があることは学生にとってメリットになるのではと考え、この機能を実装していくに至りました。

実装開始から2ヶ月でリリース

発案は5月頃でしたが、実際に動き出したのは9月末からでした。2ヶ月くらいでリリースすることができましたが、当初の想定よりかなり時間がかかってしまいました。特に大変だったことは、仕様やUIを決めることです。ユーザーの視点に立って、より使いやすく・使いたくなるサービスにするにはどうするか試行錯誤しながら進めていました。

リリース後の反応

質問・回答数はまだ少ないですが、徐々に増えてきています。質問には、面接やES、就活の進め方等について不安に思っていることについて人事からの意見がほしいといったものが多いです。質問・回答ともに投稿を増やし、もっと盛り上げていきたいと思っています。

人事トークの未来

就活やインターン探しにおいて世間的に一般的なサービスにしたいです。マッチング系就活サービスで一番を取りたいと思っています。9月にサービスリリースしてからユーザー、いいね、メッセージの数は着実に増加しています。特に、11月は前月のマッチング数の3倍超えでした。また、返信率は6割と、他の人材サービスと比較するとかなり高い数字をあげています。もっとこの数字を伸ばしていきたいです。

もちろん、課題も多くあります。増えてきてはいるものの、ユーザー数はまだまだ満足できる数字ではありません。他にも、プロフィール欄の記入が少ないことや、今回リリースしたQ&A機能を盛り上げていくことなど山積みです。今後はこれらの課題を整理・明確化してスピード感をもって改善していき、より良いサービスに成長させたいです。

 

▼キンチキとつながる

 

 

 

Facebook: https://www.facebook.com/mznakt
Twitter: https://twitter.com/garukujane
Instagram: https://www.instagram.com/mznakt/
note: https://note.mu/kinchiki
Blog: http://kinchiki-it.hatenablog.jp/
Wantedly: https://www.wantedly.com/users/18232911
GitHub: https://github.com/kinchiki
Qiita: https://qiita.com/kinchiki